What you can do against corona virus (March 21, 2020)

Hi, Are you fine?


We thought it is useful information about what we can do against corona virus situation.We share it.This is our second blog for 2020, it is about " What you can do against corona virus"



What you can do against corona virus

コロナウイルスに対して出来る事

From WEF(World Economic Forum) of President Brende ’s message

””The new corona virus is a global problem and the most serious global health crisis in recent decades.  Unless each of us together protects the whole world, we cannot protect ourselves.  The only opportunity we can make a difference is when we know the information, be prepared, and work together as a transnational community.


Even now, fear has won, and "false news" is spreading faster than official information from the World Health Organization (WHO) or authorities.  Many people make risk-averse and often groundless decisions, such as buying masks, closing borders, and accusing Asians.  Beyond that is competition to the bottom.

Instead, we need to make sure that people have access to reliable information and that they can make decisions for themselves.”” 新型コロナウイルスは全世界の問題であり、世界的な衛生上の危機としてはこの数十年で最も深刻なものだ。私たち一人ひとりが力を合わせて全世界を守らなければ、自分自身を守ることもできない。私たちが情報を把握し、十分な備えをして国境を越えたコミュニティーとして力を合わせてこそ、変化を起こすチャンスが生まれる。まさに今も、恐怖が勝利し、世界保健機関(WHO)や各当局の公式情報よりも「誤ったニュース」の方が早く広がっている。多くの人々が、マスク買い占めや国境封鎖、アジア人への非難といったリスク回避型でしばしば根拠のない意思決定をしている。その先にあるのは底辺への競争だ。そうではなく、私たちは人々が信頼できる情報にアクセスできるようにし、それぞれの組織や自分自身にとっての決定を自信を持ってできるようにする必要がある。 Point of President Brende ’s message ブレンデ総裁メッセージのポイント • More preparation was needed to respond to the threat of the new corona virus.  But it's not too late.  We can do We need to consider not only the health effects of the new corona virus, but also the economic and social aftermath • You must act on the facts, not fear.  You need to be able to make decisions with reliable information Engage private companies and their leaders, and leverage private resources and capabilities ・ Everyone can work together to mitigate the effects of the crisis and increase resilience to future risks

・新型コロナウイルスの脅威に対応するには、もっと準備が必要だった。しかし、まだ遅くはない。私たちにはできることがある


・私たちは新型コロナウイルスによる健康への影響だけでなく、経済的および社会的な余波についても考える必要がある


・恐怖ではなく、事実に基づいて行動しなくてはならない。信頼できる情報によって意思決定できるようにすることが必要だ


・民間企業とそのリーダーたちを巻き込み、民間の資源と能力を活用しなくてはならない


・一人ひとりが力を合わせれば、危機の影響を和らげることができ、将来的なリスクへの耐性を高められる --- From a Japanese doctor --- ・ Wear a mask (observe cough etiquette)

Influenza does not prevent infection, but it does prevent spread. Corona virus is effective for both infection prevention and infection spread prevention. The main purpose of the mask is to "prevent infected people from spreading the virus", and the "preventive effect of uninfected people" is limited. The virus can be transmitted from the "eyes" and can be transmitted by touching the eyes, nose and mouth with hands. Good hand washing is more important to prevent infection. ・ Hand wash It is said that both influenza and corona virus are effective. ・ Gargle Influenza is said to be poorly effective, but corona virus is said to be effective. ・ Ample rest and sleep In fact, it is very important. Nothing special is required. Especially when going to crowds or medical facilities, please wear a mask and encourage frequent hand-washing. ● About information Currently, various speculations and hoaxes are spreading about the new corona virus.  Here are some things to look out for when getting information: ・ Obtaining the latest information from reliable information sources with accurate information ・ Do not be misled by speculation or hoax ・ Do not panic --- Our researched Information 1---

"Do not bring the virus" into the house According to experts, even without an alcohol disinfectant, you can expect "surfactants" in "soaps" and "neutral detergents for home use."  "New corona virus" is very similar to "SARS virus", and has "lipid membrane" called "envelope" in common.  Alcohol breaks this "envelope" and eliminates the infectiousness of the virus, but the "SARS virus" has been confirmed to have the same effect with a "surfactant", according to the National Institute of Infectious Diseases. --- Our researched Information 2 --- We want to avoid unnecessary going out as much as possible, but there are times when we have to go to supermarkets. What can I do now? ・ Sterilize with alcohol gel ・ Spray the virus removal spray in the car ・ Gargle hand washing when returning from outside And to raise immunity Good intake of lactic acid bacteria. Spray disinfectant where you can easily overlook. When you get home, spray your clothes and bags. --- Japanese bought toilet paper too much past! --- Abnormal purchase of a large amount of toilet paper Similar behavior has happened in Japan in the past in the past.  That is the oil shock incident.  … 1973 year We will remind you of that. --- Oil shock incident One year before the launch of the Kakuei Tanaka past prime minister, American President Nixon ceased exchanging US currency dollars and gold.  It is "Nixon shock".  As a result, the exchange rate of $ 1 = 360 yen, which had been in place for 22 years, collapsed, and the yen was forced to round up against the dollar.  The yen is strong. If the yen becomes stronger, there is a concern that when exporting Japanese products overseas, the prices will rise overseas and the exported products will no longer sell, even if the prices in Japan do not change.  If export prices remain unchanged, domestic prices need to be reduced.  The government thought it would hurt Japanese companies. Before the Tanaka past prime minister was born, economic stimulus measures such as lowering bank interest rates were taken. In addition, the expansion of government spending by the Tanaka past prime minister for “architecture remodeling” overlapped, and instead of recovering the economy, it was overheated and overheated.  The redevelopment of the city and the speculation of new railway and road routes began to buy up land, resulting in a sharp rise in prices. In 1973, a Middle East oil-producing nation announced an increase in crude oil prices and a cut in production.  "Oil shock". Japan imports a large amount of oil as an energy source.  The rise in oil prices has led to higher prices for all products.  Intense inflation hit the Japanese archipelago. At that time, due to the background of the Fourth Middle East War, rumors broke out in various places from the collective psychology that `` paper may really be lost '' due to rising oil prices, and a long queue occurred, so it was widely taken up by the mass media, panic  Has rapidly expanded nationwide.  It is also said that the Japanese who were accustomed to mass consumption due to high economic growth suddenly faced `` fear of shortage of goods '' and panic occurred Consumer hobbies, which assumed that products would run out, panicked in various places, creating a long line at supermarkets in search of toilet paper. At a wholesale store, a housewife who ran into a stockpile bought and fished in large package units that remained in a cardboard box that was previously wholesaled to general stores, resulting in a shortage of goods purchased by general stores.  . Consumers who were disturbed by newspapers, television, and idiots and bought a large amount of toilet paper at high prices were piled up. Due to such a chain phenomenon, even those who were optimistic in the first place said that the toilet paper had actually disappeared from the store and ran to secure it.At the retail store, as soon as the toilet paper was lined up at the store,  Rushed, and even people who competed for goods were seen. Connection with Corona virus Distribution via social networks spreads erroneous information such as "Toilet paper is manufactured and imported in China and will be short due to the effects of the new corona virus". Retail stores around the country will spread such information as toilet paper and tissue paper.  There are many stores where paper products are sold out. Later, the Japanese government made most of the toilet paper in Japan, and had enough stock


---

Also, America (Even @Central New York)


It was sold out Toilet paper and other products at the store!

--- Hoaxes and misinformation such as social networks, news, and the Internet have panicked and caused such a situation (Too much purchase of toilet paper). We believe that it is important to obtain and check the latest and correct information based on information from trusted places such as WHO, to be able to cooperate, to think about what we can do now, and to act accordingly.  It seems.

In our opinion,


1. Frequent hand washing, gargle and disinfection


2. Try to be Clean and clean.


3. Prevent spread of infection, avoid crowds

Please refrain from going out unnecessary, if you are infected,wear a mask and

consult medical staff Strict adherence. 4. Get enough rest and nutrition


We are refreshed !! from Family

We send to you delicious Matcha pastries !

Neutral detergent is effective against virus

So, using these, in the house or It's good to clean the outside of the house it might be?


(Japanese)


コロナウイルスに対して出来る事


ブレンデ総裁メッセージ (Asahi Grobal へ寄稿)より引用


”” 新型コロナウイルスは全世界の問題であり、世界的な衛生上の危機としてはこの数十年で最も深刻なものだ。私たち一人ひとりが力を合わせて全世界を守らなければ、自分自身を守ることもできない。私たちが情報を把握し、十分な備えをして国境を越えたコミュニティーとして力を合わせてこそ、変化を起こすチャンスが生まれる。


まさに今も、恐怖が勝利し、世界保健機関(WHO)や各当局の公式情報よりも「誤ったニュース」の方が早く広がっている。多くの人々が、マスク買い占めや国境封鎖、アジア人への非難といったリスク回避型でしばしば根拠のない意思決定をしている。その先にあるのは底辺への競争だ。


そうではなく、私たちは人々が信頼できる情報にアクセスできるようにし、それぞれの組織や自分自身にとっての決定を自信を持ってできるようにする必要がある。


---

ブレンデ総裁メッセージのポイント


・新型コロナウイルスの脅威に対応するには、もっと準備が必要だった。しかし、まだ遅くはない。私たちにはできることがある


・私たちは新型コロナウイルスによる健康への影響だけでなく、経済的および社会的な余波についても考える必要がある


・恐怖ではなく、事実に基づいて行動しなくてはならない。信頼できる情報によって意思決定できるようにすることが必要だ


・民間企業とそのリーダーたちを巻き込み、民間の資源と能力を活用しなくてはならない

・一人ひとりが力を合わせれば、危機の影響を和らげることができ、将来的なリスクへの耐性を高められる ””

---


--- 日本の医師より ---


”””・マスク着用(咳エチケットの遵守)

インフルエンザでは感染予防にはなりませんが、感染拡大予防になります。

コロナウイルスでは感染予防、感染拡大予防ともに効果があります。


マスクは「感染した人がウイルスを拡散するのを防ぐ」のが主な目的で、「感染していない人が予防する効果」は限定的とのこと。


ウイルスは「目」からも感染する可能性がありますし、手で目・鼻・口を触ることで感染することもあります。


手洗いをしっかりすることの方が、感染を防ぐためには重要です。


手洗い

インフルエンザもコロナウイルスも効果があると言われています。


うがい

インフルエンザでは効果が乏しいと言われていますが、コロナウイルスには効果があるとされています。


十分な休息と睡眠

実は非常に重要なことです。特別なことは必要ありません。


人ごみや医療機関に行かれる時は特にマスク着用をそしてこまめな手洗いうがいの励行をお願いします。


● 情報について

現在、新型コロナウイルスについては様々な憶測とデマが流布しています。情報を得る上で特に注意していただきたいのが以下のとおりです。


・正確な情報を信頼できる情報源から最新の情報を得ること

・憶測やデマに惑わされないこと

・パニックにならないこと ”””


--- 調査情報 1 ---


家の中に“ウイルスを持ち込まない”


専門家によると、アルコール消毒液がなくても、「せっけん」や「家庭用の中性洗剤」に含まれる「界面活性剤」に期待ができるそうです。「新型コロナウイルス」は、「SARSウイルス」とよく似ていて、共通して「エンベロープ」という「脂質の膜」があります。アルコールは、この「エンベロープ」を壊して、ウイルスの感染力を無くしますが、「SARSウイルス」には、「界面活性剤」で同じ効果が確認できたと、国立感染症研究所が発表しています。


--- 調査情報 2 ---


不要な外出はできるだけ控えたいところですがスーパーなどどうしても行かないといけない場合ってありますよね。


今自分で出来ることは?


・アルコールジェルで消毒

・車の中にウイルス除去のスプレーを撒く

・外から帰ってきたらうがい手洗い


そして免疫力を上げるには

乳酸菌の摂取が良い。


見落としがちなところにも除菌スプレーを。

家に帰ったら、服や鞄にスプレーをする。


---  日本のトイレペーパー買い占め事件 ---


トイレットペーパーを大量に買う異常行動について、過去に日本で類似したことが起こっています。それが、オイルショック事件です。…1973 年


それを思い出たので紹介します。


---

オイルショック事件


田中内閣発足の1年前、当時のアメリカのニクソン大統領は、アメリカの通貨ドルと金の交換を停止しました。「ニクソンショック」です。これをきっかけに、22年間続いてきた1ドル=360円の為替レートが崩れ、円はドルに対して切り上げに追い込まれました。円高です。


円高になると、日本の商品を海外に輸出する際、日本国内での価格は変わらなくても、海外では値上がりし、輸出商品が売れなくなる心配があります。もし輸出価格を据え置くなら、国内での価格を引き下げる必要があります。それだけ日本の企業に打撃を与えると政府は考えました。このため、田中内閣誕生の前から、銀行金利の引き下げなど、景気刺激策がとられていました。


そこに田中内閣の「列島改造」のための政府支出の拡大が重なり、景気は回復するどころか、行き過ぎて、過熱してしまったのです。都市の再開発や鉄道、道路の新路線への思惑から土地の買い占めが始まり、激しい物価上昇となりました。

さらに、73年(昭和48年)、中東の石油産出国が、原油価格の引き上げと生産削減を発表しました。「オイルショック」です。


日本は、エネルギー源として、大量の石油を輸入しています。石油の値上がりは、すべての商品の値上がりにつながりました。猛烈なインフレが日本列島を直撃したのです。

当時は第四次中東戦争という背景もあり、原油高騰により『紙が本当に無くなるかもしれない』という集団心理から各地に噂が飛び火し、長い行列が発生したため、マスメディアにも大きく取り上げられ、パニックは全国的に連鎖的に急速拡大した。高度経済成長で大量消費に慣れていた日本人が、急に「物不足の恐怖」に直面したために起こったパニックとも言われる


「商品がなくなる」と思い込んだ消費者の買いだめの動きが、各地でパニックを起こし、トイレットペーパーを求めてスーパーの店頭に長い行列ができたのもこのときです。

ある卸し売り商店では、買い溜めに走った主婦が従来は一般商店向けに卸されていた段ボール箱にはいったままの大きなパッケージ単位で買い漁った事から、一般商店が仕入れる商品まで品不足となった。


新聞やテレビなどや流言飛語によって、不安に駆られ、高値で沢山のトイレットペーパーを買った消費者は、山積み保管していた。


このような連鎖的現象により、最初の内こそ楽観視していた人までもが、実際に店頭からトイレットペーパーが消えたため確保に走ったといい、小売店では、店頭にトイレットペーパーが並ぶや否や客が押し掛け、商品を奪い合う人すら見られた。


コロナウィルスとの繋がり


social network による配信によって、「トイレットペーパーは中国で製造・輸入しているため、新型コロナウイルスの影響でこれから不足する」といった誤情報が拡散し、全国各地の小売店でトイレットペーパーやティッシュペーパーなどの紙製品が品切れになる店舗が相次いだ。後に政府は、トイレットペーパーは殆どが(日本)国内で製造しており、在庫は十分にある」と否定する事態になった。



---

ソーシャルネット、ニュース、インターネットなどのデマ情報や誤情報によって、パニックとなり、このような事態(トイレットペーパーの買い占め)が引き起こされています。


私達は、WHOなどの信頼できる場所などからの情報により、正しい最新の情報を取得及び確認し、協力出来る事、自分達が何が今出来るかを自ら考えて、行動する事が重要だと思われます。


私達が考えるには、


1.こまめに手洗い、うがい、消毒をする


2. 清潔、清掃に努める。


3.感染拡大を防ぐ、人混みは避ける

不要な外出は控え、もし感染していたら、

マスクを着用し、医療スタッフの指示を厳守する。


4.十分な休息や栄養を取る


ウィルスに対して中性洗剤が効果がありそうなので、これらを使って、

家の中や家の外回りを綺麗に清掃するのが良いのではないでしょうか?



=====================================================

Thank you very much for reading and taking your precious time with us.


See you again on our next blog.

====================================================== Ozu's Organic Matcha Pastry L.L.C. Naoki and Michiko Ozu